我が家のプリンスたち“快”と“士”の成長記録を中心に、日常の些細な出来事などを書いています。


by torihachi88
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2017年お正月

12/31,羽田の駐車場取れずに、電車で帰省。
c0006873_2372124.jpg
札幌に着くと、雪に大喜びの子供達。
札幌駅付近の道路沿いで雪遊びするあたり
どう見ても内地から来た人間だとわかる。
c0006873_2372193.jpg
札幌での宿は、今回3回目のエーデルホフ。

c0006873_2372249.jpg
狙いはこのいくら。
c0006873_2372228.jpg
お年玉を手に駅に行き、子供達はおもちゃをゲット。
大人は何も買わなかったけど、唯一買ったのははらドーナツの福袋。
c0006873_237228.jpg
1/2にトマムへ移動。
トマムに着いたら、送っていたスキー一式が見当たらず
先にプールへ。
真夏のような暖かさ。
c0006873_2372286.jpg
部屋は4人部屋なので広い広い。
c0006873_237229.jpg
部屋から見るゲレンデはとても綺麗!
c0006873_2372254.jpg

トマムの詳細はまた後ほど。



iPhoneから送信

# by torihachi88 | 2017-01-02 23:07 | イベント・出来事 | Comments(0)

2016年クリスマス

c0006873_2322192.jpg

c0006873_2322262.jpg




iPhoneから送信
# by torihachi88 | 2017-01-02 23:02 | イベント・出来事 | Comments(0)

種子島

c0006873_17521057.jpg
種子島に行ってきました。
H-IIB6号機の打ち上げを見に。
打ち上げ延期はよくあることなので、多分見れないだろう、
とあまり期待しないようにして行ったら、見れました
運を使い果たしてしまった感じ。

H-IIBはすごい迫力だろう、さぞかしすごい音だろう、
っていうイメージだったのだけど
夜の打ち上げは、リフトオフの瞬間、あたり一面がぱーっと昼間のように明るくなって
その明るさに圧倒されて、
あまり音のことは印象に残ってないです。
その後は、あっという間に高く高く満天の星空に飛んで行ってしまい、
1段のカットオフ前は、完全に星になってました。
すごかった。
子供たちにも見せたかったなあ。
今度は昼間にも見たいなあ。





iPhoneから送信
# by torihachi88 | 2016-12-11 17:52 | イベント・出来事 | Comments(0)

ピアノの発表会

昨日は、ピアノの発表会でした。

ぼんは
 むしのこえ
 アルゼンチン

カイカイは
 グラドゥス・アド・パルナッスム博士 ドビュッシー

でした。

カイカイは、だいぶ前に先生がこの曲を選んでくださって
YouTubeでこの曲を聞いたときは、

「先生・・・こんな曲大丈夫でしょうか。本当に弾けるでしょうか・・・。」

と心配になって聞いてしまったほど。先生は
「まあ、譜読みは楽な方ですから。」
と、答えになっているのかなっていないのかよく分からない返事でしたが(^^;;

とにかく、カイカイ、よく練習して、びっくりするくらい上達しました。
私も一緒に弾いたりしていたけど、完全にカイカイに抜かれた。

ちなみに、このグラドゥス・アド・パルナッスム博士ってどんな人なんだろう?と調べたら
どうやら、フランス語か何かで、「険しい山の登山」という意味らしく
子供がたくさんの楽譜を一生懸命練習している様子を表していて
つまり、子供のための練習曲って意味なんだって。
練習曲とはいえ、さすがドビュッシー、コードがとても綺麗で、
大人の私も一生懸命練習しました。素敵な曲でした。

ぼんは、半年ほど前、あまり練習しないでスランプもあったのですが
最近はピアノが大好きなようで、この前も
「俺、ピアノやっててよかったー」
と、7歳ながらに言っていました。

二人とも、ピアノが何かの糧になるといいなあ、と思ってます。

ヒロヒロも、カイカイの演奏を聞いて
「いや〜、カイカイの曲は難しかったよねー。あれを弾くのはすごいよねー。
 友達の結婚式の2次会とかで弾いたら、ポイント高いんじゃないかなー。」
と、だいぶ先のことまで考えているようでした。

私は、母に聞かせてあげたかったな。
去年の曲も、母が聞いたら、本当に感心して、何度も何度もビデオを見て喜んでいたから。
今年の曲を聴いたら、さぞかしびっくりしただろうなあ、と思いました。

# by torihachi88 | 2016-12-05 07:00 | Comments(0)

2段ベッド

c0006873_1439412.jpg

c0006873_14394167.jpg
オーディションと話は前後しますが、
10/8、ついに子供部屋に二段ベッドが入りました。
ずっとずっと探していたのだけど、これだ!という決断がなかなかできず。

写真は、なぜか毛布をカーテンがわりにしているのですが、
こんな感じで隠れ家的にして喜んでいます。

ところがこの日、網戸を開けたまま窓を開けていたら、やぶ蚊が入っていたようで
次の日起きた子供達は蚊に刺されまくり。
特にぼんなんて、下の写真のように激しく刺されて、ぶどうくらいに水ぶくれになり
痛くて歩けないほど。
学校への送り迎えが必要で、初日なんて学校から電話がかかって来て早退しました。
(この時に、ピアノオーディションの状況を先生から聞いたわけなんだけど。)
1週間ほど経った今日は、もう痛くはないみたいだけど、
本当にひどくてかわいそうでした。






iPhoneから送信
# by torihachi88 | 2016-10-15 14:39 | イベント・出来事 | Comments(0)

オーディション

c0006873_14222172.jpg
ぼん、小学校で、ピアノの伴奏に立候補し、オーディションを受けました。
結果は残念ながら選ばれなかったのですが
すごーくすごーく、本当によく頑張って練習しました。

確か、先週の水曜日くらいに突然
「俺、ピアノの伴奏、やるって言ったんだ。
 今度、オーディションなんだ。」
と言い出したぼん。
何せ1年生なので、言っていることは半分くらいよくわからなかったけど
11月に音楽集会があるってことから考えて、その伴奏だな。
やりたい人がたくさんいるから、オーディションをするんだな。
と理解しました。

その次の日に、写真の楽譜をもらって来て、
その日から猛練習しました。
2曲あって、もう一曲は簡単そうだから、あえてこっちの難しい方を選んだとか。
・・・大きく出たな・・・。

で、立候補したのは何人くらいいるの?
誰がやりたいって言ってるの?
と聞いてみるも、
「うーん、**ちゃんとかー、**ちゃんとかー
 あとは誰だろう・・・」
と本人もよくわからず。

それでも、連休前に
「3連休で両手で弾けなかった人はオーディション出れません。」
と先生に言われたそうで、もう、本当によく頑張って練習しました。
連休明け、脱落者が続出したらしい・・・。

で、10/14金曜日にいよいよオーディション。

私はてっきり、この日はクラス選抜で、次に学年選抜があるのかと思いきや
いきなり学年選抜だったらしい。
クラスでは、両手で弾けたのがぼんだけだったらしく、ぼん一人だったらしい。
他のクラスの子では、ものすごく上手な子がいて、その子が選ばれたそうで。

ちなみに、ピアノの先生にも見てもらったけど
ぼんの小学校の学区には音大出身のお母さんがたくさんいるから
子供達のピアノのレベルも高い、とか脅されてしまった(^^;

学年選抜の前にもっと練習すればいいや、なんて少し手を抜いてしまったのが
よくなかったかな、とか
あと5時間くらい練習すれば、もっともっと上手くなってただろうな、とか
でも、周りにはものすごく上手い人がいるってわかって、井の中の蛙にならないで
よかったかな、とか
色々考えちゃったのですが、
ぼんが、こうやって立候補してくれて、すごく一生懸命練習してくれて
私はとても励まされて、元気が出ました。

最近、すっかりやる気喪失だった私に、ものすごくエネルギーをくれたぼんに大感謝。

来年も立候補してくれないかなぁ。


iPhoneから送信
# by torihachi88 | 2016-10-15 14:22 | イベント・出来事 | Comments(0)

思うこと

母は、私にとって、心の支えで、お手本で、私の人生を作ってくれた人でした。
なので、母の死は本当に本当に辛くて、悲しくて悲しくて仕方ないです。

小さい頃から、私が一人っ子だったし、引越しも多かったので
母はいつも友達をたくさんうちに呼んでくれました。
私の誕生日はいつもクラスの友達をたくさん呼んでパーティを開いてくれました。
時には、クラスの女子全員を呼んだこともあります。
ご馳走をたくさん作ってくれました。
おかげで、私は一人っ子であることは全然嫌ではなかったし、
引越ししても友達はたくさんできて、全然嫌ではなかった。

母は私の誇りでした。

一人っ子だから、兄弟がいないから、と
母はいつも私と遊んでくれました。
一緒に歌を歌ったり、踊ったり、遊んだり、今でも本当によく覚えています。
だから、兄弟なんていなくても全然さみしくなかった。

私は、学校であったこと、友達のこと、何でもかんでも母に話していました。
手紙もいっぱいいっぱい書きました。
お母さんは
「かずちゃんは字が綺麗だから、お手紙をもらうのが一番嬉しい」
といつも言っていたので、毎日のように手紙を書いていました。

母は、私の勉強や習い事や、何でも精一杯手伝ってくれました。
母が喜んでくれるから、いっぱい褒めてくれるから
習い事も頑張った、お習字も頑張った、ピアノも、勉強も、
何でも、母に喜んでもらいたくて頑張りました。
部活も、仕事も、何でも、母が喜んでくれるから。
そうやって、頑張って頑張る癖がついて、今があります。
そのおかげで、今の仕事があって、この成果も母に見ていて欲しかった。

でも、こんなに忙しくしているから、母にさみしい思いをさせてしまったのではないか。

最後に母と電話で話したのは、9/4。
その時の母は、ものすごく寂しそうで。
その時の声を思い出すと胸が苦しい。
なぜ、もっと母の気持ちに寄り添ってあげられなかったのだろう。
母はいつもどんな時も私のことを一番に思っていてくれたのに
なぜ私は、もっと母のことを考えてあげられなかったのだろう。

そう思うと
本当に後悔しかなくて。
辛くて辛くて、毎日本当に悲しいです。

まだまだ、お母さんに聞いてほしい話はいっぱいあったのに。
子供達の成長も見ていて欲しかった。
カイカイやぼん、ピアノが上手になったんだよ。
夏休みの宿題、選ばれたんだよ。
ぼんはクラスのリーダー的な存在なんだよ。
仕事は大変だね、お父さんも大変だっただろうね。

お母さん、自宅に警察が現場検証に来たんだよ。
お母さんはサスペンスが好きだったから、現場検証なんて見たら喜んだだろうにね。
なんて、話したかったな。

母は最近、いつも言っていました
「もし私がうちで倒れてて死んでても、びっくりせんでいいよ。
 年に不足はないんだから。本当に幸せな人生だったんだから。」
そんな、縁起でもない、と思っていたけど
まさか本当にその通りになるなんて。
なんて母らしいんだろう。
病院で管に繋がれて死ぬより、
一番大好きな自宅で、母がこだわってこだわって建てた自分の家で
苦しまずに死んでしまうなんて、
母は、本当に母らしい死に方をしたんだろう。

でも、もう一度話したかった。
いつもいつも
「かずちゃんにばかり苦労をかけて、ごめんね。」
と言っていた母、私、苦労なんてしていないんだから。
それは伝えたかったのに。

あぁ、人生最大の後悔です。

# by torihachi88 | 2016-09-26 20:34 | Comments(0)

母が亡くなりました。

久しぶりの更新なのに、悲しい話題で辛いです。

母が9/12に亡くなりました。

私は月曜日なので仕事をしており、
ちょうど打ち合わせなどで、電話に気づくのに1時間ほどかかり
気づくと着信が10件ほどありました。
電話に出た時はサポーターさんからで
「とにかく今すぐ病院に連絡してください。すぐに病院に行ってください。」
その時点では、まだ状況がよくわからず、病院に電話すると
「電話口では詳しい状況についてはお知らせできないので、すぐに来てください」
と言われ。再度サポーターさんに連絡すると
「朝、自宅に迎えに行くと、家の中から何の応答もなかったので鍵を開けて入ると
 お風呂で倒れていて、すぐに救急車を呼んでAEDの処置などしてもらったのですがダメで
 病院に行ったのですが、すでに蘇生措置をできない状況で・・・」

それは、どういうことなんですか?
と、怖くて聞けなかった。とにかく急いで病院に向かう。
状況がよくわからなくて、でも何となく察しがついて
電車でポロポロ涙がこぼれました。

途中、大森駅付近で、警察から電話があり、
「お聞きになったと思いますがが、お母様がご自宅で亡くなられていたので、
 警察が状況を確認します。」
その時に初めて、母が亡くなったとわかりました。

それから病院に行き、冷たくなった母に会いました。
警察からの説明、事情聴取。
次の日に医者が死因について確認し、場合によっては解剖もあるとのこと。
家に帰って現場検証。

次の日に、解剖の結果、
事件性がないとのことで、警察の手から離れました。


# by torihachi88 | 2016-09-26 20:18 | Comments(0)

偕楽園、千波湖

c0006873_17182117.jpg

c0006873_1718211.jpg

c0006873_17182153.jpg

c0006873_17182191.jpg



iPhoneから送信
# by torihachi88 | 2016-09-04 17:18 | イベント・出来事 | Comments(0)

一週間

c0006873_22141499.jpg

c0006873_22141471.jpg
早いなー、1週間。明日はもう金曜かぁ。

先週末はまつりつくばに行ったけど、日曜日に熱を出したぼん。
げげげ、と思ったけど、幸いの夏休み。
カイカイが月、火の2日間ぼんの面倒を見てくれました。
と言ったって、月曜にはもう熱下がってたけどね。

そしてあっという間の木曜日。

上は、毎日水やりのぼん。
下はソファで寝てしまったぼん。




iPhoneから送信
# by torihachi88 | 2016-09-01 22:14 | イベント・出来事 | Comments(0)